英語力アップのため、大学留学の事前準備として、もしくは海外生活に対する憧れなどの理由から「英語圏に語学留学をしたい」と思われているかもしれません。しかし、いまの英語力に自信がないため不安に感じている人は、意外と多いのではないでしょうか。

ここでは、英語力に自信がなくても安心して語学留学に参加する基礎知識をお伝えします。この基礎知識があれば、積極的な姿勢で参加できるようになります。

語学学校で使われる英語について

英語力に自信がないけれど、語学留学してみたいと思う人は、少なくとも英語が嫌いではないはずです。嫌いであれば、英語に少しでも関わることは避けたいと思うのが普通です。英語力の向上を目指したり、英語圏の大学に進学したりしたいと思うわけがありません。

英語に対する自信がない理由は、これまで学校の英語の授業で良い成績が取れなかったり、外国の方と思うように話せなかったりした経験があるからではないでしょうか。それが、英語が嫌ではないけれど苦手意識をもってしまったのだと思います。

受験英語や日常会話ではない

そうであれば語学留学をすることに対して心配する必要はありません。なぜなら、語学学校に入学すると、最初にレベル分けの試験があります。そのため、自分のレベルに合ったクラスに入ることができます。

授業に慣れるまでは難しいと感じる場合もあるかもしれませんが、先生を信頼して、授業に真面目に取り組んでいけば必ず英語力は上がっていきます。

その上、留学先の語学学校で使われる英語は、文法用語が多用される難解な受験英語ではありません。また、知り合いの外国人との雑談のような広い範囲の一般知識や語彙を要求される日常英会話でもありません。

語学学校では日常英会話よりも自分の考えを整理して英語でディスカッションするような場合がほとんどです。もし日常英会話を学ぶとしても、それは一般的なものとは違い、先生が入念に準備したカリキュラムに則したものです。したがって、日常で活用できるように語彙や表現もきちんとした説明があります。

日常英会話と語学学校で使われる英語の違いをもう少し説明します。これらの違いをわかりやすく表にまとめてみると以下のようになります。

日常英会話 語学学校の英語
話す内容 さまざまな内容 予測可能な内容
話す相手 さまざまな人 決まった先生・生徒
内容の範囲 無限大 限定的
必要とされる単語力 無限大 クラスレベルにより限定される
目的 不確定 明確

実は、日常会話で外国の人と話すのは英語力の高い人でも難しいことです。なぜなら、会話をするためには相手との共通点を見つける作業が必要だからです。現在の天気や昨日の食事の話くらいであれば、英会話集を覚えておけばよいですが、どのような話題でも会話ができるような豊富な知識と語彙をもつことは日本語でも難しいはずです。

語学学校の英語は予測しやすい

一方でビジネスや語学学校など、その場所にいる目的が明確な場合はコミュニケーションがとりやすいです。その場の状況がはっきりしているからです。相手と自分との関係を把握しやすく、何を言ってくるかも予測しやすいでしょう。

特に語学学校では、授業という決められた枠の中で使われる英語であるため、さらに予測しやすいです。また、同じ先生が担当するクラスであれば、決まったフレーズを何度も使い、パターン化されるためすぐに理解できるようになります。

つまり、授業で先生が頻繁に使う表現生徒として役立つ表現を覚えておけば、それだけで授業についていける可能性が格段に上がります。授業で何が起こっているかをきちんと把握できるからです。授業中に話されている内容がわかることが自分の英語力に自信をもつきっかけにもなります。

したがって、以降では先生が授業で使う英語表現、そして生徒として使うと役に立つ表現を紹介していきます。これらを覚えたり、カンニングペーパーを用意したりして、英語に対する苦手意識をなくしていきましょう。

授業で先生がよく使う英語表現

語学学校の授業で先生がよく使う英語表現を紹介します。授業の開始から終了までの流れに沿って順番に紹介しています。重要な単語や語句は太字にしています。

 あいさつ

Good morning, everyone.(みなさん、おはようございます)

Hello, everyone.(みなさん、こんにちは)

Hi, everybody.(みなさん、こんにちは)

Hi, class.(みなさん、こんにちは)

How are you?(調子はどうですか?)

How is everyone doing today?(みなさん、お元気ですか?)

出欠の確認

I’m going to call the roll now.(出欠をとりますね)

Let’s take attendance.(出欠をとります)

Who is absent today?(欠席者はいますか?)

授業への導入

Let’s review our last lesson.(前回の復習をしましょう)

Let’s start today’s lesson.(では本日の授業を始めましょう)

Let’s start the class.(授業を始めましょう)

Let’s get started.(では始めましょう)

Are you ready?(準備はいいですか?)

授業中の指示

Listen to me.(私の言うことを聞いてください)

Open your textbook to page 87.(教科書の87ページを開いてください)

We’ll start at line 13.(13行目から始めます)

Turn the page over.(ページをめくってください)

Turn the page.(ページをめくってください)

Next page, please.(次のページをお願いします)

Five lines from the top.(上から5行目です)

Three lines from the bottom.(下から3行目です)

Look at the picture on page 89.(89ページの絵を見てください)

Read the text aloud.(教科書を声に出して読んでください)

Repeat after me.(私の後について言ってください)

Do the exercise now.(練習問題をやってください)

Copy this word down in your notebook.(この単語をノートに書き写してください)

Share your book with your neighbor.(近くの人に本を見せてあげてください)

Turn your book over.(本をふせてください)

Close your books.(本を閉じてください)

Put away your books.(本をしまってください)

Look at the whiteboard.(ホワイトボードを見てください)

Look up the word in the dictionary.(その単語を辞書で調べてください)

Memorize the phrase.(この語句を覚えてください)

Be quiet, please.(静かにしてください)

Quite, please.(静かにしてください)

Next, please.(次の人、お願いします)

Who is next?(次は誰ですか?)

Whose turn is it now?(次の順番は誰ですか?)

Raise your hand, please.(手を挙げてください)

Give it a try.(やってみてください)

Good try! But try again.(おしいですね。もう一度やってみてください)

Try it again.(もう一度やってください)

Try again. I’ll give you time to think.(もう一度お願いします。考える時間をあげましょう)

I’ll come back to you.(また後であなたに聞きます)

Can I have your attention?(ちょっといいでしょうか?)

Can you keep it down?(声を小さくしてもらえますか?)

Can you listen to her?(彼女の言っていることを聞いてもらえますか?)

Say it again.(もう一度言ってください)

I can’t hear you.(あなたの言っていることが聞こえません)

Please speak louder [more loudly].(もう少し大きな声で話してください)

Could you speak up, please?(大きな声で話してもらえますか?)

生徒に答えを求める質問

What do you think the answer is?(答えは何だと思いますか?)

Answer my question, please.(質問に答えてください)

Does anyone have an answer?(誰か答えがわかる人はいますか?)

Does anyone know the answer?(誰か答えがわかる人はいますか?)

Can anyone give me an answer?(誰か答えることができますか?)

Can anybody answer this question?(誰かこの質問に答えることができますか?)

What do you think about this chapter?(この章についてどう思いますか?)

Keiko, can you give me the answer to No.2?(ケイコ、2番の答えを言えますか?)

Takashi, what’s the answer to No.3?(タカシ、3番の答えは何ですか?)

Kenji, do you know the answer?(ケンジ、答えがわかりますか?)

How do you spell ~?(~はどのようにつづりますか?)

How do you pronounce this word?(この単語をどのように発音しますか?)

How about ~?(~はどうですか?)

What about ~?(~はどうですか?)

What do you think about [of] ~?(~についてどう思いますか?)

グループに分ける・ペアを組ませる指示

Form groups of three.(3人のグループになってください)

Please break up into groups of three.(3人のグループにわかれてください)

Can you break up into groups of four?(4人のグループにわかれてもらえますか?)

Let’s do some role-playing now.(ロールプレイをしましょう)

Work in pairs with your neighbor.(近くの人とペアになってください)

Get into pairs.(ペアを組んでください)

Return to your seats.(自分の席に戻ってください)

Return to your original positions.(元の場所に戻ってください)

生徒からの質問を確認する表現

Do you have any questions?(何か質問はありますか?)

Any other questions?(ほかに質問はありますか?)

Any questions so far?(ここまでで質問はありますか?)

Do you have any questions on what we did in class today?(今日の授業でやったことについて質問はありますか?)

If you have any questions, please raise your hand.(質問があれば、手を挙げてください)

試験をする際の指示・表現

Put your things away now, and we’ll begin the quiz.(小テストをしますから、机の上のものを片づけてください)

Are you ready?(用意はいいですか?)

Time is up.(時間がきました。そこまでです

I’d like to collect your papers now.(テスト用紙を集めます

Make sure that your names are on them.(名前が書いてあることを確認してください)

Hand in your test papers.(テスト用紙を提出してください)

Correct [Mark] your own test.(自分で採点してください)

The test will be postponed to next Friday.(テストは来週の金曜日に延期します)

課題・レポートに関する表現

Here is your assignment.(これが課題です)

I’ll give you your assignment now.(これから課題を与えます)

I’d like you to read pages 21 to 23, and answer the questions on page 24.(21~23ページまで読んで、24ページの質問に答えてください)

Your assignment must be handed in by next Monday, March 18.(課題は3月18日、来週の月曜までに提出しなければいけません)

The deadline for the assignment is October 15.(課題の提出期限は10月15日です)

The assignment is due on December 10.(課題の提出期限は12月10日です)

生徒をほめる・フィードバックを返す

Good one!いいね!

Excellent!  You got it right.(すばらしい!できましたね)

I’ll give you bonus point for that.(それにはボーナスポイントをあげましょう)

That’s a great answer.(それは素晴らしい答えです)

Good.(いいですね)

Well done!(よくできました)

Very good.(とてもいいです)

Good luck!(がんばって!)

Excellent.(優秀です)

Very close.(とてもおしいですね)※近いという意味の「close」

That’s it.(そうです)

Right. [Correct.](そのとおりです)

授業を終了する

We’re running out of time.(もう時間がありません

That’s all for today.(今日はこれでおしまいです)

Let’s stop here today.(今日はここでやめましょう)

Good-bye, class.(みなさん、さようなら)

See you tomorrow.(また明日)

以上が授業中に先生が良く使う表現です。覚えるのは大変ですから、まずは一通り読んでおきましょう。

その後、ノートに手書きで写して一覧を作ってください。授業が始まってから、ノートの一覧と先生が実際に使う表現の違いを聞き取り、余白に書き足していくとオリジナルの表現集ができます。ここまで発展させると、さらに効果的です。

生徒として授業に役立つ英語表現

では次に生徒として、あなたが授業中に使える表現を紹介していきましょう。

出欠・遅刻・途中退室・早退の表現

「出席しています」という意味の「はい」という返事には次の3つを使います。

Present.(はい)

Here.(はい)

Yes.(はい)

He is absent.(彼は欠席です)

I’m sorry to be late.(遅刻して申し訳ありません)

I’m sorry I’m late.(遅くなり申し訳ありません)

I missed the bus.(バスをのがしてしまいました)

May I leave the room, please?  I feel sick.(退室してもいいでしょうか?体調がすぐれません)

May I be excused, please?(退室してもいいでしょうか?)

May I go to the rest room?(トイレにいってもいいですか?)

「May I」のかわりに「Could I」を使いより丁寧な表現にすることもできます。

Is it all right if I leave early?(早退してもいいでしょうか?)

聞き返す・聞いたことを確認する・話し方を変える依頼をする

Could you repeat that, please?(もう一度お願いできますか?)

Could you say it again, please?(もう一度お願いできますか?)

What did you say, please?(なんといわれたのでしょうか?)

What do you mean?(どういう意味ですか?)

I’m sorry I didn’t understand you.(申し訳ありませんが、わかりませんでした)

I’m sorry I couldn’t hear you.(申し訳ありませんが、聞こえませんでした)

I’m sorry I can’t hear you.(申し訳ありませんが、聞こえません)

Could you speak louder, please?(もう少し大きな声で話していただけませんか?)

Could you speak up, please?(大きな声で話していただけませんか?)

Speak louder, please.(大きな声で話してください)

Could you speak more slowly, please?(もう少しゆっくりと話していただけませんか?)

Speak more slowly, please.(もう少しゆっくりと話してください)

Could you turn the volume up [down], please?(音量を上げて[下げて]いただけませんか?)

Is it all right if I record your lecture?(あなたの講義を録音してもいいですか?)

I beg your pardon?(すみません、もう一度いってください)

Pardon me?(もう一度いってください)

Can you go over that part one more time, please?(その部分をもう一度、説明していただけますか?)

単語や表現の意味・つづり・発音をたずねる

What does the word “ambiguous” mean?(「ambiguous」という単語の意味は何ですか?)

What’s the meaning of this word?(この単語の意味は何ですか?)

What do you call this flower in English?(この花を英語で何と呼びますか?)

How do you spell “Christmas”?(「クリスマス」という単語はどのようにつづりますか?)

How do you pronounce this word?(この単語はどのように発音しますか?)

Could you tell me about ~, please?(~について教えていただけますか?)

Could you write it down on this paper?(この紙に書いていただけますか?)

Is this a common expression?(これは普通の表現ですか?)

Do you use it very often?(それをよく使いますか?)

What is the difference between “test” and “exam”?(「test」「exam」の違いは何ですか?

Could I ask a question?(質問してもよろしいでしょうか?)

What do you mean by that?(それはどういう意味ですか?)

I need more time.  I haven’t finished yet.(もう少し時間が必要です。まだ終わっていません)

わかった・わからなかったという

I understand.(わかりました)

I got it.(わかりました

I’m sorry I don’t understand.(申し訳ない、わかりません)

I don’t quite understand this sentence.(この文章がよくわかりません)

I don’t know how to say this in English.(これを英語で何といえばよいのかわかりません)

I have a little trouble following the lecture.(講義についていくことがやや難しいです)

I couldn’t catch the first part.  Can you say it again?(最初の部分がよくわかりませんでした。もう一度いってもらえますか?)

I still don’t understand.(まだわかりません)

※語学留学の授業で質問されても即答できない場合に、日本人の学生は黙ってしまうことがあります。日本人は必死で考えているため、沈黙しているだけなのです。しかし、海外ではこの沈黙に耐えられず、先生が話しはじめるか別の生徒に回答を求めます。そのため、何か質問されたら、すぐに回答するか、わからないと言ってください。もしくは「hmm…let me see(う~ん、えっと)」といったつなぎ言葉を発してください。

以上、先生がよく使うフレーズと生徒として使えば役立つ表現を紹介してきました。こういった表現を使いこなすためにも、先生が使う表現と同様にノートに手書きで写しておくとよいでしょう。授業で使える表現についてもご自身のオリジナル表現集を作成すれば自信をもって授業にのぞむことができるはずです。

積極的な態度で参加するために

それでは具体的な英語表現の知識以外に、語学留学に積極的な態度で参加するためのポイントをお伝えします。これらのポイントを押さえて実際の行動に移してください。

優等生を目指す

語学学校の授業に積極的に参加するには、先生に好かれることが非常に重要なポイントです。まずは、先ほど紹介した表現などを駆使して、先生の説明をしっかりと理解できるようにしましょう。

また、英語力だけで優等生になることが難しい場合には、先生の講義や英語の解説に対してあなたの正直な反応をわかりやすく返してあげましょう。なぜなら、自分の説明をどれくらい生徒が理解しているかを先生は気にしているからです。クラスの代表として、フィードバックを返してあげると先生も授業を進めやすくなります。

さらに、「Any volunteers?(ボランティアしてくれる人はいますか?)」といった表現を使って、先生が授業中に助けを求めてくるときがあります。そのときには、一番にパッと手を挙げてください。あなたのそういった積極的な態度がほかの生徒にも伝播して、さらに活発なクラスになります。このようにクラスの雰囲気づくりをすると主体性を発揮することができます。

積極的になる一番簡単な方法は、教室の一番前の席、もしくは先生に近い席に座ることです。そうすれば、授業に対するあなたの真剣さが伝わります。先生にとって印象深い生徒となるでしょう。そのため、事あるごとにあなたを指名し、頼ってくれます。そうなれば授業中に話す機会が増え、語学力も伸びていきます。また、授業以外でも先生から特別なイベントに誘ってもらえることもあるかもしれません。

瞬発的に答えて、数多く間違える

積極的になるためのもう一つのポイントは、間違いを恐れないことです。間違いを恐れて考えすぎてしまうと、授業での反応が遅くります。そうすると、あなたより積極的に参加している生徒がいれば、先に回答されてしまいます。そこで瞬時に回答して、数多くの間違いを経験してください。そうすると徐々に間違った答えを発言すること自体に抵抗がなくなり、早く英語が上達します。

また海外の先生は、ほめることが上手です。あなたが真剣な姿勢で授業に取り組んでいることが伝われば、間違えてもほめてくれるはずです。そうであれば、何も怖がることはありません。そのような挑戦を繰り返せば、自然と間違えることさえも減ってくるでしょう。

笑顔で接する

最後は最も大切なポイントです。それは、先生やほかの生徒に笑顔で接することです。これが積極的な参加には不可欠な要素です。英語力にまだ自信のない最初の頃は特に、笑顔を欠かさないことに留意してください。そうすれば、先生やほかの国の生徒とも留学開始当初から打ち解けることができます。

人を寄せ付けない表情をしていると、その表情自体が積極的になれない状態を作り出してしまいます。積極的になれないと思ったら、真っ先に自分の顔や体がどのように状態かを客観的に観察してみてください。おそらく笑顔にはなっていないはずです。下を向いてうつむき加減で歩いてるかもしれません。

積極的になるには、まず表情や体の状態を変えてみましょう。笑顔を作り、胸を張ってみましょう。これだけで簡単に前向きになり、積極的な自分にスイッチが入ります。難しく考えるよりも簡単にできる行動から始めましょう。

ここまで、積極的になるための重要なポイントを3つ紹介しました。前半でお伝えした英語表現で英語に対する苦手意識をなくし、積極的になるためのポイントと合わせて活用してください。

そうすれば、英語力に自信がなくて不安だった自分が嘘のように感じ、積極的な態度で語学留学に挑戦できるでしょう。